【暗記の必勝法】インプットとアウトプット

こんにちは!ミライズコベツ

糀谷教室 教室長 長﨑です!

本日は暗記科目、暗記モノの攻略法、必勝法を伝授いたします!

是非試してみてください!

皆さん暗記科目でなかなか点数が伸びなくて

悩んでいませんか?

正直暗記が得意な人は、そんなに何回もやらなくても

出来てしまう人もいますが、

どんな人でも絶対にできる方法を教えます!

キーワードは

「提出物」

です!

学校で配られるワークだったり

授業ノートだったり

配布されたプリントだったり

学校で配られるものは様々ですが

上記3つさえ最低でもおさえておけば、絶対に良い点数は取れます!

断言します!

その中でも提出物になっている

ワーク

これをどのように進めていくのかが

非常に大きなキーポイントとなってきます!

ミライズの生徒たちは、毎回の授業で

提出物の確認も行っています。なぜなら成績に必要だから。

テストの点数を取るためでもあり、

提出物は「関心・意欲・態度」の項目にも含まれるからです。

ただ、ワークを解いたら点数を採れるのは何故なのか?

それは「問題形式」になっているからです。

勉強、特に暗記系には2段階の勉強法に分かれています。

1段階目は

インプット

2段階目は

アウトプット

この2つの作業を熟してあげると、かなりの高得点につながること間違いなしです!

インプットとは字のごとく「頭に入れ込む作業」

これがつまり暗記している段階の話ですね。

数学の公式を見たり。

英単語を書いてみたり。

社会の歴史人物の名前を声に出して発言してみたり。

全て頭の中に「記憶」させるための作業です。

大前提としてこれができている状態までもっていくことが大切です!

そして要になってくるのが

アウトプット。

これも字のごとく「おぼえたものを外に出す作業」です。

これは問題形式で実際に頭の中に叩き込んだ

「記憶」を紙面に「出力」する作業になります。

ここで出来なかったものはまだ「インプット」が足りなかった証拠なので

また、間違えた問題だけもう一度インプットしていきましょう。

これを交互に繰り返すだけで圧倒的に今までよりも点数が伸びるはずです!

いや、伸びます!

つまり、ワークを1回解いて

「はい終わり!」...にしないこと!

 

 

2周目解いて出来なかったものをまた3周目、と同じ問題でも出力の回数を

何度も増やすことでしっかりと身につけていくことが出来ます!

でも自分だけの勉強時間とか、スタイルが分からない...

という方も多いと思うので

当塾では、各教室

自分だけの勉強スタイルを相談できる

無料カウンセリングを実施しております!

入会する、しないに関わらず、一緒に

自分だけの勉強法

を確立しに、教室までお問い合わせください!

お問い合わせはコチラ↓

(各教室名をクリックすると教室ページに飛べます!)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ミライズコベツ

糀谷教室

 03-5735-4046

西小山教室

 03-5751-8985

西大島教室

 03-5609-7665

平和島教室

 03-5767-3110